すべては一つ。だからこそ、分離感も大切。

「すべては一つ」という言葉を聞くと、
ついつい一つに「なろう」としてしまう。

私と他人の区別はない。
そして、互いに理解し合っているイメージで、全てのモノとつながっている感じ。
全てを理解し把握している状態。
と、ついつい思ってしまう。

で、上のような状態が良くて、
分離しているような感覚を持っていると、
自分はまだまだみたいに思ってしまったり。

でもさ、すべては一つなんだとしたら、
今感じている分離感も含めて一つのはず。

分離感を取り除いたら、すべてではない。
だから、分離感を感じていていい。
全てを理解していなくていい。把握していなくていい。
繋がっている感覚がなくていい。

そのような状態も含めて、すべては一つ。

だから、一つに「なろう」としなくていい。
もともと一つなんだから。

でも、これは「一つになろうとしてはいけない」ということではない。
「一つになろうとしてもいい」。
それも含めてすべてなんだから。

(私が)一つになろうとしようがしまいが、
すべては一つなことに変わりはない。

結局、どっちでもいい。
だから、好きな方を選べばいいし、自分が選んでいるモノでいい。

 

▼森本真也のプロフィール (メルマガ登録はこちら
僕の目指すところは、、、

▼個人セッション
今の自分を認めて1歩踏み出す 個人セッション

▼今後ののスケジュール
6月17日(土) 10時~12時 しんちゃんの哲学カフェ(おもしろいって何?)

6月17日(土) 13時~15時 しんちゃんの好きなことカフェ
6月25日(日) 11時~12時 Sカレッジについて語る会(無料)
6月25日(日) 14時~16時 Sカレッジ 実践ワークショップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA