例えてみる。

今日はですねー。

ちょっと「料理」に例えてみようと思います。←いきなりw

 

自分が料理人だとして、

「森本真也」っていう材料を元に、「森本真也の人生」という料理を作っているんだと思うんですよね。

で、それを一人ひとりがやっている。

 

で、僕は、他人が作っている料理に「あーだ、こーだ」ってあんまり口出ししたくないんですよね。

余計なお世話/自分を尊重する・相手を尊重する。

2017.03.26

 

他人がどんな料理を作ったっていい。

その料理を自分が評価する必要はない。

 

一人ひとりが自分の材料と向き合い、自分の料理を作っていけばいい。

材料も違っていれば、完成するモノも全く違う。

 

で、それでいいんですよね。

 

僕がやりたいことというのは、

料理したいけど分からなくなっている人の隣にいて、

「あなたは何を作りたいんですか?」「まずは、何をしたいですか?」って質問するぐらい。

で、どうしてもわからない。というか、何も出てこないって人がいれば、

自分が思いつく案を提案するぐらい。

その案を採用しなくてもいい。その案を元に自分なりの案を出してもらってもいい。

で、あとは、どんな料理を作るのかなぁーって眺めていたい。

 

そして、自分は、自分の料理を作っていきたいなぁ。

 

で、自分の料理をすべて自分だけで作ってしまってもいいけど、

あえて他人の意見を取り入れてみるのも面白いと思う。

それは他人の言うことを最初から最後まで何でもかんでも受け入れるいうことではなくて。

 

少し取り入れてみる。

 

そういう風にして、自分がベースを作るけど、いろんな人の意見が入った料理って面白いでしょー。

結果、ぐちゃぐちゃになるかもしれませんけど(笑)

 

でも、それはそれで面白い料理。

まぁ、他人の意見を取り入れるとしても、どの意見を取り入れるか選ぶのは自分なので、

自然と自分らしさが出てくると思いますし。

 

そして、

他人の料理を見て、「あれは自分が作ったんだぜー(あの人の人生は俺が変えたんだぜー)」みたいに言いたくない(笑)

「あの人が料理を作っているのを隣で見ていたんだけど、とても素敵だったー」って言いたい。

 

一人ひとりが自分自身という材料を元に、自分の料理を作っていきながら、

お互いフラットな立場で提案し合い、自分だけでなく他人の案も取り入れた料理を作るコミュニティでありたいな。

と思うー。

 

料理で例えてみたけど、分かりにくかった気もする(笑)

●イベント
・4月23日(日) 14:00~(大阪)実践ワークショップ
・5月13日(土) 10:00~(大阪)第3回 しんちゃんの哲学カフェ

●個人セッション
魅力発見カウンセリング(個人セッション)

●森本真也のプロフィール (メルマガ登録はこちら
僕の目指すところは、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA