僕のやさしさを理解してくれる人。

3月4日に「しんちゃんの哲学カフェ」を開催します。

自分の生き方に迷って、いろいろな本を読んだりセミナーを受けたりしましたけど、最終的には哲学行き着きました。僕の場合はです。みんなが哲学にいくかどうかはしりません。人それぞれ違うと思うので。

でも、僕は哲学がホント好きでとても楽しいですー。あーだこーだー言ってるのが。いや、自分の頭の中で考えているのも楽しいですね(笑)

今の自分が持っている哲学はありますけど、一言でこれっ!っていうのはなかなか言えないですね。いろいろな側面を持っているので。一方からいうと、別のモノが違うんじゃないかと思っちゃうけど、別のモノも実はいいんだっていうことがほとんど。ってか全てのモノがどれでもいいってことですね。

だから。僕にはこれが正解なんていうことは言えないということです。だって、正解は他にもたくさんありますから。そして、その正解は別の視点では間違いでもあると言うこと。すべてのモノが正解であり、間違いでもある。で、これが正解なんてことは言えないけど、言ってもいいっていうこともあるんですよね。これが正解って言っちゃいけないなんてことはない。

もう、この時点で訳わからん文章かも知れませんけど(笑)

「結局どうすればいいのか分からない。」って言われたりしますけど、結局、どうしてもいいんですよね。何をしてもいい。何を選んでもいい。で、何を選んでもいいからこそ、自分が何を選ぶのかを大切にしたい。何を選んでもいいからこそ、自分がやりたいことを選びたいって思うんですよね。

でも、それを他人に強要したいとは思いません。他人がどうするかは他人の自由なので、その人が好きなようにしたらいいと思います。あなたはあぁした方がいいこうした方がいいとかは基本的に無いんですよね。その人の選択を尊重します。これって僕の中で、すごい優しさなんですよね。なかなか伝わらないんですけど。たいていのことにどっちでもいいんじゃない?って答えるので、相手の人は勝手に見捨てられたかのように感じるんです。で、僕がひどい人かのように・・・(笑)まぁそれでもいいんですけど。どう解釈するかは、その人の自由ですからねー。でも、僕の優しさを分かってくれる方もいるんで。それでいいです。全ての人に理解してもらう必要はないですからね。伝わる人に伝わればいいです。

で、哲学カフェについてですが、毎回テーマがあります。2017年3月4日に開催される第一回目のテーマは『人のため自分のため誰のため』いったい誰のためにやるのがいいのか、そもそも誰かのためってのが必要なのかについて思い切り語り合います。河村操さんに進行してもらいながら、僕の持論を話して、そこから色々話を発展させていく予定です。

少人数で開催するので、考える事、とくに今回のテーマについて考えること、意見があるというかたはぜひご参加ください。

詳細・申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA