与えることと受け取ること/自分の枠(器)を広げる。

9月30日は、ヴィジュアルトレーニング ベーシック講座でした。

osaka-vtb

講座後にみんなでご飯食べに行く前の写真ー

 

ななさんがちょうど沖縄旅行から帰ってきたところだったので、

旅行での気づきなども話してもらっていた今回のベーシック講座でした。

 

その中で、「受け取る」ということについての話。

いろんなセミナーで「与えることが大切です」って言われていることが多いですけど、

与えることの方がやりやすい気がします。

 

「受け取る」ことの方が難しい。

難しいというか、みんな自分の枠の中のことしか「受け取れない」から、

結局、相手の言葉をそのまま受け取っていない。

 

すべて自分のフィルターを通して受け取っている。

で、別にそれが悪いことではないと思うけど、

自分の器がどれだけ広いかによって、

受け取れる幅が違ってくる。

 

器が広ければ広いほど、いろんな人の言葉をそのまま受け取りやすい。

逆に、器が狭いと相手の言葉が受け取れない。

(あっ、受け取れないことが悪いことじゃないです)

ただ、受け取れないというだけ。

 

で、自分の枠(器)を広げたいかどうかがポイントだと思う。

広げてもいいし、広げなくてもいい。自分が広げたいかどうか。

僕は、自分の枠を広げていきたいと思いますー!

あっ、ここはこだわりがあるから譲れないってとこもありますけど。

でも、基本的に枠が広がれば広がるほどいろいろあって楽しいと思うので!

 

ただ、広げたいーって思ってもこうやれば必ず広がるっていうやり方はない。

相手の言葉をそのまま受け取れたら、器が広がっているということだけど、

それは、器が広がったら、相手の言葉をそのまま受け取りやすくなるということ。

どっちが先でどっちが後ということではない。

 

広がる可能性が高いのは、

・相手の言葉を詳しく聞いてみる。⇒自分の勝手な解釈を取り除く。

・自分が今までやったことないことをやってみる。イヤなこと嫌いなことをあえてやってみる。

かなー。

これをやったら、自分の枠が必ず広がるって訳ではないけど、広がる可能性が高い。

 

枠を広げたい人はやってみましょー!

nana

最後にななさんとの写真ー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA